FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い月夜を駆けぬけて  ローリー・ハンデランド

2009.09.09 *Wed
ウェアウルフと狼ハンターが登場する、Night Creatureシリーズの1作目です。

 ラベンダーブックス 2009.03

ヒロイン:ジェシー・マッケイド(26) ミノワ署の警官
ヒーロー:ウィリアム・カドット  ネイティブアメリカンの大学教授

ジェシーは深夜にむかった事故現場で、放心状態で様子のおかしい女性を発見する。彼女は狼とぶつかり咬まれたと言うのだった。狼の跡を追ったジェシーだったが、森の中で見失ってしまう。変わりに森に忽然と現れたコテージの側で全裸の男性に出会うのだった。ネイティブ・アメリカンのその美しい男を見たジェシーは、自分の気持ちが揺さぶられ高まることに動揺する。現場に戻ったジェシーは狼の形をしたトーテムを発見し、トーテムについて研究している大学教授の元を訪ると、現れたのはあの美しい男ウィリアムだった。彼はなぜかジェシーに近づいてきて・・・。

サスペンス色が強めで、あまりロマンスを読んでる感じはしませんでした。それはそれで構わないんだけど、サスペンスが強い割には、ハラハラドキドキはあまりできず。
狼ものを扱ったパラノーマルですが、今まで読んだものとは趣が違っていて、ファンタジーではなく現実に人狼をうまく組み合わせていて、シリアスな空気が流れていました。

ヒロインの一人称で書かれているため、カドットがなぜジェシーにどんどん惹かれていくのかが、全然伝わってこないのが残念。自他共に、あまり美しくないとなんども表現されているジェシーなのに、カドットが美しいっていきなりいってもなんだか説得力がないしなぁ・・・。
それにカドットは最初は秘密めいていて、しなやかでたくましく美しい男という感じで登場したのに、読んでいくうちになよなよしてるように感じちゃって、魅力も半減してしまう。

全体的に大きな盛り上がりにかけていた印象です。
それとあえてそうしてるんだろうけれど、会話の言葉遣いがやたらと現代普段づかいの言葉っぽく訳されていて、それが逆に自分にはしっくりこなかったです。


☆ピンク☆ピンク☆ピンク

RITA賞もとっているこの作品の原作はとても人気があったようで、Night Creatureシリーズとして、8作出版されています。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form

TRACKBACK

TrackBack List

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



検索フォーム

文庫レーベル名で検索できます



最新記事



カテゴリ

※アンソロジー (1)
アイリス・ジョハンセン (6)
アマンダ・クイック (9)
アン・グレイシー (2)
アンナ・ゴッドバーセン (1)
ヴィクトリア・アレクサンダー (3)
M.J.ローズ (1)
エリザベス・ソーントン (6)
エリザベス・ホイト (1)
エリザベス・ローウェル (1)
エリン・マッカーシー (1)
エロイザ・ジェームズ (4)
カーラ・キャシディ (1)
カーリン・タブキ (1)
ガーレン・フォリー (1)
カレン・ホーキンス (2)
カレン・マリー・モニング (3)
キャサリン・オルレッド (1)
キャサリン・コールター (15)
キャスリーン・E・ウッディウィス (3)
キャスリン・カスキー (1)
キャンディス・キャンプ (4)
クリスティーナ・ドット (10)
クレスリー・コール (2)
コニー・ブロックウェイ (3)
サブリナ・ジェフリーズ (1)
サリー・マッケンジー (1)
サンドラ・ブラウン (4)
J.R.ウォード (2)
ジェイン・アン・クレンツ (2)
ジェシカ・ベンソン (1)
シェリー・トマス (1)
シェリル・ホルト (1)
ジェン・ホリング (1)
ジャッキー・ダレサンドロ (3)
シャノン・マッケナ (5)
シャーレイン・ハリス (3)
シャロン・サラ (1)
ジュディス・マクノート (5)
ジュリー・ガーウッド (9)
ジュリア・クイン (5)
ジュリアン・マクリーン (1)
ジョージェット・ヘイヤー (1)
シルヴィア・デイ (2)
スーザン・アンダーセン (2)
スーザン・イーノック (2)
スーザン・ウィッグス (2)
スーザン・エリザベス・フィリップス (1)
スーザン・キャロル (1)
スーザン・ブロックマン (18)
ステファニー・ローレンス (2)
ソフィー・ジョーダン (2)
ソフィア・ナッシュ (1)
ダイアナ・パーマー (4)
ダイナ・マコール (1)
タラ・ジャンセン (1)
デボラ・マクギリヴレイ (1)
トレイシー・アン・ウォレン (1)
ノーラ・ロバーツ (1)
パトリシア・グラッソ (2)
パメラ・クレア (1)
ブレンダ・ジョイス (3)
ベティーナ・クラハン (1)
ペニー・ジョーダン (1)
マギー・シェイン (3)
マージョリー・M・リュウ (1)
メアリー・ジョー・パトニー (4)
リサ・クレイパス (15)
リサ・ジャクソン (3)
リサ・マリー・ライス (6)
リンゼイ・サンズ (1)
リンダ・ハワード (3)
リンダ・ラエル・ミラー (3)
ルーシー・モンロー (2)
レイチェル・ギブソン (1)
レベッカ・ヨーク (5)
ロビン・ショーン (1)
ローラ・キンセイル (1)
ローラ・リー (1)
ローラ・リー・ガーク (1)
ローリー・ハンデランド (1)
ローリ・フォスター (3)
ロレイン・ヒース (2)
ロレッタ・チェイス (1)
雑記・つぶやき (8)



プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
突然ロマンス小説の魅力にどっぷりはまりました。
備忘録として感想を綴っています。



月別アーカイブ



2010年1月 刊行予定

1/7 フローラブックス
 「暗号は愛のささやき」
     …ジェンナ・ピーターセン
 「ラブチャートは気ままに」
     …ダイアン・カステル

1/8 ライムブックス
 「愛は陽炎のごとく」
     …メレディス・デュラン
 「ヴィンテージ・ドレス・プリンセス」
     …メグ・キャボット

1/8 マグノリアロマンス
 「秘密の賭けは伯爵とともに」
   …ジェシカ・ベンソン
 「淡き影と愛の呪い」
   …ラリッサ・イオーネ

1/8 ランダムハウス講談社
 「静かに燃える宝石」
     …キャリン・モンク

1/9 ラズベリーブックス
 「漆黒の旅人―ザレク―」
   …シェリリン・ケニヨン
 「身代わりのレディと誓いの騎士」
   …ジュリア・レイサム

1/15 MIRA文庫
 「秘密のコテージ」
     …キャンディス・キャンプ
 「霧のぬくもり」
     …ヘザー・グレアム
 「ホテル・インフェルノ」
     …リンダ・ハワード
 「ビター・スウィート」
     …アン・スチュアート

1/上旬 ハヤカワ・イソラ文庫
 「林檎の庭の秘密」
     …サラ・アディソン・アレン
 「パリは恋と魔法の誘惑」
     …ケイティ・マカリスター

1/18 ソフトバンク文庫
 「黒き公爵の花嫁」
     …サマンサ・ジェイムズ
 「あなたに愛の歌声を」
     …パトリシア・グラッソ

1/20 二見書房
 「真夜中にワルツを」
     …ジャッキー・ダレサンドロ
 「夜の嵐」
     …キャサリン・コールター
 「高慢と偏見とゾンビ」
     …セス・グレアム/ジェイン・オースティン

1/20 ヴィレッジブックス
 「Dark Desires」
     …イヴ・シルヴァー
 「炎の山稜を越えてII アウトランダー18」
     …ダイアナ・ガバルドン
 「Breakneck」
     …エリカ・スピンドラー
 「妖精王女メリー・ジェントリー2 A CARESS OF TWILIGHT 上・下」
     …ローレル・K・ハミルトン

1/下旬 扶桑社ロマンス
 「青銅の騎士(1) レニングラード上・下」
     …ポリーナ・シモンズ
 「デモンズ・キス(仮)」
     …エヴァ・シルヴァー



リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ



最新コメント



rain shininig



QRコード

QRコード



Copyright © ロマンス小説狂想曲 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。