FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の迷路の果てに  スーザン・ブロックマン

2009.05.03 *Sun
“トラブル・シューター シリーズ”4作目は、インドネシアの密林が舞台です。

 ヴィレッジブックス 2006.09

ヒロイン:サヴァナ・フォン・ホッフ(25位) 弁護士・大富豪の娘
ヒーロー:ケネス“ワイルドカード”カーモディ(28か29?) SEAL16チームの上等兵曹

ケンは、自分の幸運に祈りを捧げたい気分になっていた。プリンセスのように美しい女性と偶然に出会い、夢のような熱い一夜を共にしたのだ。すぐにその女性、サヴァナに夢中になったケンは二人の出会いに有頂天になっていたが、サヴァナがそこにいたのにはある理由が隠されていた。彼女はインドネシアにいて苦境に陥っているらしい叔父に大金を届けに行かなくてはならず、SEAL隊員であるケンに同行してもらえないか依頼をしようと思っていたのだった。騙されたという思いを抱え、怒りを感じつつサヴァナとインドネシアへ向かうケン。しかしインドネシアへ到着した二人を苦難が待ち受けていたのだった。


今までの中で一番のお気に入りシリーズのトラブルシューター・シリーズ、4作目。
やっぱり人物形成がほんとに上手ですねぇ。

前作までで、長年付き合ってきた彼女との不和と失恋をほのめかしていた“ワイルドカード”ことケンが今回のヒーロー。ケンは別れた彼女にずーっとぞっこんだったというだけに、女性に手馴れているヒーローではないので、飛び切り心をゆさぶる女性に出会ったときの心情の一喜一憂がとっても可愛らしかったです。なんかものすごい純粋なんだもの。そして前の彼女のアデルのせいでつらい目にあっているから、とても傷つきやすくて臆病で繊細でした。
ヒロインのサヴァナは、一見可憐なお嬢様のようで、過酷な状況でも泣き言を一切言わないとても芯の強い女性。何度も行動が裏目に出て墓穴を掘ってしまっていたけれど、それもケンのことを考えてのことだし、ただ守られるんではなく自分も彼を守りたいと思う姿はとてもいじらしく素敵でした。
ただ敵に追われて身を潜めてるジャングルの暗闇の中で歓喜の叫び声をあげるのはどうかと・・・(笑)

今までと同じく3つのロマンスが同時に進行しいきます。
インドネシアに住む宣教師をしているモリー(42)と謎の男ジョーンズ(33)の話は面白いながらも、ぐぐっとのめり込むほどでもない気分で読んでいたはずが、最後の最後にたっぷり泣かされました。今回は全編涙なしに読み終わるかなと思ってたんですけどね。
ただこの作品は前作とは違って、割りと穏やかな心持で読むことができました。主役の二人が過酷な状況におかれていながらも、二人ともなんだかんだ、とても前向きだしお互いのことを心の中で想いあっているので、なんとなく明るい気分で読み進められたからだと思います。

前作でおもいっきり後ろ髪を惹かれまくったアリッサとサムの関係の方は、とにかくやるせなかったです。サムの妻のメアリー・ルーのことも含めて、人が幸せになるためには何かが犠牲になることがあるのは仕方がないのだけれど、3人それぞれがたまらなくやるせなくって切なかったです。
ただ今回それほど彼らについての記述が多くないので、逆に他の人達のことに頭が回ってよかったかもしれないです。



≪トラブル・シューター シリーズ≫ 
  1.遠い夏の英雄        The Unsung Hero (2000)
  2.沈黙の女を追って     The Defiant Hero (2001)
  3.氷の女王の怒り      Over the Edge (2001)
  4.緑の迷路の果てに     Out of Control (2002)
  5.知らず知らずのうちに   Into the Night (2002)
  6.アリッサという名の追憶  Gone Too Far (2003)
  7.熱い風の廃墟        Flashpoint (2004)
  8.Hot Target (2004)
  9.Breaking Point (2005)  マックス・バガットとジーナ
 10.Into the Storm (2006)  マーク・ジェンキンス
 11.Force of Nature (2007)  ジュールズ・キャシディ
 12.All Through the Night (2007)  ジュールズ、サム&アリッサ
 13.Into the Fire (2008)
 14.Dark of Night (2009)
 15.Hot Pursuit (2009)  サム&アリッサ

1.            2.            3.            4.            5.
                
6.                      7.
      

COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form

TRACKBACK

TrackBack List

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



検索フォーム

文庫レーベル名で検索できます



最新記事



カテゴリ

※アンソロジー (1)
アイリス・ジョハンセン (6)
アマンダ・クイック (9)
アン・グレイシー (2)
アンナ・ゴッドバーセン (1)
ヴィクトリア・アレクサンダー (3)
M.J.ローズ (1)
エリザベス・ソーントン (6)
エリザベス・ホイト (1)
エリザベス・ローウェル (1)
エリン・マッカーシー (1)
エロイザ・ジェームズ (4)
カーラ・キャシディ (1)
カーリン・タブキ (1)
ガーレン・フォリー (1)
カレン・ホーキンス (2)
カレン・マリー・モニング (3)
キャサリン・オルレッド (1)
キャサリン・コールター (15)
キャスリーン・E・ウッディウィス (3)
キャスリン・カスキー (1)
キャンディス・キャンプ (4)
クリスティーナ・ドット (10)
クレスリー・コール (2)
コニー・ブロックウェイ (3)
サブリナ・ジェフリーズ (1)
サリー・マッケンジー (1)
サンドラ・ブラウン (4)
J.R.ウォード (2)
ジェイン・アン・クレンツ (2)
ジェシカ・ベンソン (1)
シェリー・トマス (1)
シェリル・ホルト (1)
ジェン・ホリング (1)
ジャッキー・ダレサンドロ (3)
シャノン・マッケナ (5)
シャーレイン・ハリス (3)
シャロン・サラ (1)
ジュディス・マクノート (5)
ジュリー・ガーウッド (9)
ジュリア・クイン (5)
ジュリアン・マクリーン (1)
ジョージェット・ヘイヤー (1)
シルヴィア・デイ (2)
スーザン・アンダーセン (2)
スーザン・イーノック (2)
スーザン・ウィッグス (2)
スーザン・エリザベス・フィリップス (1)
スーザン・キャロル (1)
スーザン・ブロックマン (18)
ステファニー・ローレンス (2)
ソフィー・ジョーダン (2)
ソフィア・ナッシュ (1)
ダイアナ・パーマー (4)
ダイナ・マコール (1)
タラ・ジャンセン (1)
デボラ・マクギリヴレイ (1)
トレイシー・アン・ウォレン (1)
ノーラ・ロバーツ (1)
パトリシア・グラッソ (2)
パメラ・クレア (1)
ブレンダ・ジョイス (3)
ベティーナ・クラハン (1)
ペニー・ジョーダン (1)
マギー・シェイン (3)
マージョリー・M・リュウ (1)
メアリー・ジョー・パトニー (4)
リサ・クレイパス (15)
リサ・ジャクソン (3)
リサ・マリー・ライス (6)
リンゼイ・サンズ (1)
リンダ・ハワード (3)
リンダ・ラエル・ミラー (3)
ルーシー・モンロー (2)
レイチェル・ギブソン (1)
レベッカ・ヨーク (5)
ロビン・ショーン (1)
ローラ・キンセイル (1)
ローラ・リー (1)
ローラ・リー・ガーク (1)
ローリー・ハンデランド (1)
ローリ・フォスター (3)
ロレイン・ヒース (2)
ロレッタ・チェイス (1)
雑記・つぶやき (8)



プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
突然ロマンス小説の魅力にどっぷりはまりました。
備忘録として感想を綴っています。



月別アーカイブ



2010年1月 刊行予定

1/7 フローラブックス
 「暗号は愛のささやき」
     …ジェンナ・ピーターセン
 「ラブチャートは気ままに」
     …ダイアン・カステル

1/8 ライムブックス
 「愛は陽炎のごとく」
     …メレディス・デュラン
 「ヴィンテージ・ドレス・プリンセス」
     …メグ・キャボット

1/8 マグノリアロマンス
 「秘密の賭けは伯爵とともに」
   …ジェシカ・ベンソン
 「淡き影と愛の呪い」
   …ラリッサ・イオーネ

1/8 ランダムハウス講談社
 「静かに燃える宝石」
     …キャリン・モンク

1/9 ラズベリーブックス
 「漆黒の旅人―ザレク―」
   …シェリリン・ケニヨン
 「身代わりのレディと誓いの騎士」
   …ジュリア・レイサム

1/15 MIRA文庫
 「秘密のコテージ」
     …キャンディス・キャンプ
 「霧のぬくもり」
     …ヘザー・グレアム
 「ホテル・インフェルノ」
     …リンダ・ハワード
 「ビター・スウィート」
     …アン・スチュアート

1/上旬 ハヤカワ・イソラ文庫
 「林檎の庭の秘密」
     …サラ・アディソン・アレン
 「パリは恋と魔法の誘惑」
     …ケイティ・マカリスター

1/18 ソフトバンク文庫
 「黒き公爵の花嫁」
     …サマンサ・ジェイムズ
 「あなたに愛の歌声を」
     …パトリシア・グラッソ

1/20 二見書房
 「真夜中にワルツを」
     …ジャッキー・ダレサンドロ
 「夜の嵐」
     …キャサリン・コールター
 「高慢と偏見とゾンビ」
     …セス・グレアム/ジェイン・オースティン

1/20 ヴィレッジブックス
 「Dark Desires」
     …イヴ・シルヴァー
 「炎の山稜を越えてII アウトランダー18」
     …ダイアナ・ガバルドン
 「Breakneck」
     …エリカ・スピンドラー
 「妖精王女メリー・ジェントリー2 A CARESS OF TWILIGHT 上・下」
     …ローレル・K・ハミルトン

1/下旬 扶桑社ロマンス
 「青銅の騎士(1) レニングラード上・下」
     …ポリーナ・シモンズ
 「デモンズ・キス(仮)」
     …エヴァ・シルヴァー



リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング・にほんブログ村へ



最新コメント



rain shininig



QRコード

QRコード



Copyright © ロマンス小説狂想曲 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。